吉本巧の吉本理論アイアン編の評価

吉本巧の吉本理論アイアン編の評価は、理想的なインパクトを手に入れる事を最終目標としたアイアン理論である点などについて詳しくご案内しています。

吉本巧の吉本理論アイアン編の評価

吉本巧の『吉本理論アイアン編』は、理想的なインパクトを手に入れる事を最終目標としたアイアン理論です。

吉本巧の『吉本理論 -アイアン編-』の内容は、一回のスイングを4800ポイントに分解しています。

その一つ一つに対して『理由』づけをしていき、上達した要素を全てまとめ上げて体系的に理論的にまとめあげたものです。

アイアン編の特色は、アイアンの理想的なインパクトの形とダウンブローにハンドファーストの形でインパクトをするための方法に特化した理論です。

その目的は、ゴルフクラブの持っているパフォーマンスを一番発揮する理想的なインパクトを作ることです。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編

アイアンショットで乱れる心配がなくなります

吉本理論を実践することで、

クラブ毎の飛距離が伸びます。
クラブに応じて一番強い球が打てるようになります。
自分のスイングで生み出した力を一切の無駄なくボール伝わるようになります。
風向きに左右されない球が打てるようになります。
伸びる球が打てるようになります。
ボールの左側(ターゲット側)のターフを飛ばすようになります。
スイングの感触が良くなります。

クリーンヒットしますので、トップもダフリもすることなく飛距離も伸びます。

さらに、方向性もグンと良くなっていきます。

そのために、アイアンショットで、乱れる心配がなくなります。

スコアも安定して伸びるようになります。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編

理想的なスイングが出来るようになります

吉本理論では1軸理論バックスイングは、特徴的なポイントです。

上半身に軸を作りそこを中心にして、バックスイングをします。

わかりやすい言えば、上半身の軸は動かさないように注意して、肩と腰を回転させるスイングです。

具体的に紹介すると次のようなものです。

アドレスでシッカリと構えます。

バックスイングをはじめてから、トップのポジションまでの間では、腰の位置すらも左右に動かないようにします。

この形で理想的なスイングが出来るようになります。

ポイントとしては、バックスイングの時に右足の内側の太ももにキッチリと力を入れておく点です。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編