吉本巧の吉本理論アイアン編の評価

吉本巧の吉本理論アイアン編の評価は、理想的なインパクトを手に入れる事を最終目標としたアイアン理論である点などについて詳しくご案内しています。

首の付け根は絶対に動かさないように意識を集中

吉本巧の吉本理論アイアン編のオススメ出来るポイントは、とてもわかりやすくまとまっている所だと評価できます。

トップのポジションからダウンスイングをはじめる場合は、左肩から動かしはじめます。

ダウンスイングの時点では、首の付け根の出っ張った骨の所は絶対に動かさないように意識を集中するように指導しています。

左肩自体をボールを飛ばしたい方向に動かしていくようにします。

次の動作としては、自然な形で左肩が背後に動いていくように意識を集中していきます。

このように意識していけば、上半身の動きだけではなくなります。

下半身にも左肩に引っ張られるような感じになっていきます。

意識して無理にやらなくても体重がボールを打ちたい方向に向かって自動的に動いていくようになっていきます。

理想的なダウンスイングを前提とした体重の移動は、腰はボールを打ちたい方に移動させる事ではありません。

左肩を打ちたい方向に動かすことで出来上がります。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編

ダウンスイングの時にやってはいけない2つの事

さらに、ダウンスイングの時にやってはいけないをご紹介します。

1.左足の左側に作る垂直線よりも腰自体が左へいかないようにする

2.トップのポジションからダウンスイングに移って直ぐに左肩が回転しないようにする

以上の2ポイントについて詳しくご案内します。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編

左足の左側に作る垂直線よりも腰自体が左へいかないようにする

アイアンショットであるのにも関わらず、左足の左側に作る垂直線よりも腰自体が左へいってしまう事はやってはいけない事の1点目になります。

これは、腰が動く距離が大きい証です。

このようにならないようにかなり気を付けて練習して下さい。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編

トップのポジションからダウンスイングに移って直ぐに左肩が回転しないようにする

2つ目は、トップのポジションからダウンスイングに移って直ぐに左肩が回転しないようにする。

体重が左足に十分に移動しなくなりますし、インパクト自体も理想的なものではなくなります。

左足は軸足にして、踏ん張れるようになって下さい。

その結果として、左足は壁みたいにして使う事が理想的なスイングの到達地点です。

続きはコチラ ⇒ 吉本巧の吉本理論アイアン編